住宅ローン所帯持ち会社員がセミリタイア目指してみた

住宅ローンあり・所帯持ちの会社員がセミリタイアを目指します。ソーシャルレンディング・投資・倹約を中心として、IT関連・デジタル機器・B級食べ歩きなども雑多に書いていきます。

格安SIM(格安スマホ)【BIGLOBEモバイル】のメリット・デメリット

とある有名(?)ブログで「今時、格安SIM(格安スマホ)使わずに三大キャリア使ってる人はオワコン」という記事を拝見しました。

私自身も格安SIM(格安スマホ)を使っていますので同意できる部分は中にはあるのですが、一元的にそうかな?と疑問に思う部分もありましたので愚にも付かない記事を書いてみました。

私は現在BIGLOBEモバイルのユーザーです。まずはメリットを挙げてみましょう。

 

BIGLOBEモバイルの月額

下記は私の5月分利用料金。負担料金は2,648円(税込)でした。通話はあまりしないデータ通信中心の利用用途では三大キャリアよりやっぱり安くなります。

f:id:katasumi9:20180609181117j:plain

 

BIGLOBEモバイルの音声通話コースについて

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMには下記のコースがあります。

音声通話
スタートプラン
1GB/月 1,400円
3ギガプラン 3GB/月 1,600円
6ギガプラン人気 6GB/月 2,150円
12ギガプラン 12GB/月 3,400円
20ギガプラン 20GB/月 5,200円
30ギガプラン 30GB/月 7,450円

※BIGLOBE公式ページより引用(2018年6月9日現在)

ちなみに私の利用コースは6ギガプランです。それにオプションとして通話割引サービスの「BIGLOBEでんわ」を通話パック60で追加しています。※加えて、私の場合は昨年の限定キャンペーンに申し込んだ結果、今は月額300円ほど2年間限定で割引されています。

通話オプション「BIGLOBEでんわ」について

専用アプリを使用して通話料金を割引するオプションです。詳細は下記の公式サイトをご参照ください。

join.biglobe.ne.jp

BIGLOBEでんわは60分もしくは90分の時間制、3分もしくは10分のかけ放題制と選択できる幅が広いのが良いですね。他の格安SIMですと、片方のタイプしか選択できないという所もありますし。

 

動画を無制限で見たい場合は「エンタメフリー・オプション」

その他、BIGLOBEモバイルの特色あるサービスとしては「エンタメフリー・オプション」です。

join.biglobe.ne.jp

月額480円(税別)で動画見放題となるオプションで、対象となる動画・音楽配信サービスは下記です。
・YouTube / YouTube Kids
・Google Play Music
・Apple Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・radiko.jp
・Amazon Music
・U-NEXT

大手どころが押さえられています。対象の動画サービスをデータ量制限なく利用できるのは、動画ユーザーにとっては魅力的だと思います。

BIGLOBEモバイルはDocomo回線とau回線を選択可能

格安SIMを提供している会社はDocomoより回線を提供されている会社が殆どです。しかし、BIGLOBEモバイルは近年KDDIの系列会社となった経緯からau回線のタイプを選択することも可能なのです。

join.biglobe.ne.jp

地域によってはDocomoの電波が弱い、というケースもありますのでそういった場合は選択の幅が広がるかと思います。

とメリットを挙げてみました。ただ一方、デメリットも色々とあります。格安SIM全般のデメリットとBIGLOBEモバイル固有のデメリットがありますのでそれぞれ挙げてみます。

 

格安SIM全般のデメリット 

【朝夕電車内でのラッシュ時や昼時にデータ通信が遅くなる】

特に都内の満員電車やターミナル駅内、オフィスなどでの通信速度は三大キャリアと比べますと、BIGLOBEモバイルに限らず格安SIMというものはどうしても遅くなるのが実情です。ニュースサイトを見ている程度でも気になるくらいですので、特にゲームユーザーなどは気になる所ではないでしょうか。

【キャリアメールが使えない】

格安SIMはGmail等のメールを使うことになります。PTA・保護者会や年配の方々などでまだまだキャリアメールを連絡先に使う人とのやり取りが多い場合、キャリアメール側の制限でキャリアメール以外を受け取らない設定にされていたり、連絡に苦労する場合が出ることがあります。

特に教育関係の仕事をされている場合などは、なかなか格安SIMへ移行しづらいでしょうね。

【LINEのID検索が使えない】

年齢認証が必須となるLINEのID検索は格安SIMではできません。遠く離れた人とは、自分専用のLINEのURLを発行するか、またはQRコードで追加するなど少し面倒にはなってしまいます。

【24時間カケホーダイのプランはない】

LINE等のサービスがかなり普及してきた昨今ですが、通常の携帯電話・固定電話とのやり取りを頻繁にしなければいけない人にとっては、三大キャリア一択ですよね。

 

BIGLOBEモバイル固有のデメリット

他社格安SIMと比較したデメリットとなります。

【低速通信の切替に非対応】

BIGLOBE モバイルの場合は一部他社にあるような低速通信への切替には対応していません。そういった切替機能を利用してデータ通信の容量を節約して使う、ということは難しいです。

【エンタメフリーの動画は若干荒くなる】

エンタメフリーでは通信の最適化が行われており、高画質への対応はしていないようです。画質はあまり気にせず動画が見られれば良い、という人は気にならないかもしれませんが、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

 

BIGLOBEモバイルをおススメできる人とは?

下記のような方は検討する価値があるかと思われます。

・あまり音声通話をしない、しても90分程度までの通話、通信月額を抑えたい
・スマホで動画視聴・音楽配信サービスを頻繁に利用する
・au回線で格安SIMを利用したい
・他社の5Gプランだと少しデータ使用量をオーバーする

一方、こんな人には少し難しいかもしれません。

・携帯電話・固定電話宛の音声通話を長時間しなければいけない
・携帯キャリアメール宛に連絡をやり取りする人が多い
・外出先でのデータ通信にあまりストレスを取られたくない
・通信データ容量を細かくコントロールしながら使いたい

現在BIGLOBEモバイルでは、3ギガ以上の音声通話プランの新規申込で月額1200円を6か月間値引きするキャンペーンを行っています。

BIGLOBEモバイルなら値引き特典でプラン月額料金が6カ月間 400円/月